私たちが大切にしたいこと

つなぐつくる未来理想図

100年後の未来を創る

さまざまな格差が広がり,生きづらさを抱えた人たちが増えています.

困っていても「助けて」と声を上げられない人たち…
自己責任を求める社会の中で孤立して生きることは,いのちにも関わります.
SDGs*は「誰も取り残さない」ことを目指していますが,それは取り残されている人たちの
存在に気づこうというメッセージでもあります.
誰かとつながり,孤立から抜け出し,ホッとできる場所や出会いの機会をつくり,
1人1人が自分を大切にし,他者を尊重する地域を目指します.

見沼の地域には,先人たちが大切にしてきた宝があちこちにキラッと光っています.
その宝を見出し,引き継ぎ,次代につなげていきます.
そして,この地域やそこに暮らす人たちのニーズを大切にし,地域をめぐり,
地域に居場所をつくり,違いを越えて重層的なつながりを創り続けます.
見沼の自然を守り,食とエネルギーとケアが地域で循環する仕組みを研究し,
それぞれの得手を生かした仕事づくりを進め,ソーシャルファームを地域の皆さんと創出します.

100年後にも人と人,人と自然のつながりが豊かに育まれる
しなやかで生きやすい地域の実現に向けて力を注いでいきます.

*SDGsとは・・・世界から貧困をなくし,持続可能な社会・経済・環境へと変革することを目指す.
2030年をゴールとして,17の世界的目標,169の達成基準,232の指標からなる持続可能な開発のための
国際的な開発目標を掲げ,先進国,新興国,
途上国が共に取り組み,実現にあたって
「誰一人取り残さない」ことが
謳われている国連で定められた目標.

つなぐつくる未来理想図

つなぐつくるプロジェクト

つなぐつくるプロジェクトは,さいたま市見沼区で活動している,公益社団法人やどかりの里が発起人となって立ち上げたプロジェクトです.
昔から自然と人とが共生してきたこの見沼の地で,地域の居場所づくりに取り組んでいます.
自然を守り,食とエネルギーとケア(FEC)が地域で循環する仕組みを,そこに暮らす人たちと手を取り合いながら模索しています.

つなぐつくるプロジェクトをフォローする
シェアする
つなぐつくるプロジェクトをフォローする
未来を拓く つなぐつくるプロジェクト
タイトルとURLをコピーしました